防災士が考えた シェルター 護衛門®

弊社開発"護衛門®"シリーズ"シェルターの衝撃試験実施の映像です。3mの高さから重さ200kgの落下物をシェルターの上部に落下させた場合の耐久試験を実施致しました。落下物の衝撃により天井部を構成している部品や梁の曲がりは確認されましたが、試験後もほぼ原形を保つことができ、構造体としての十分な強度が証明されました。尚、試験結果に伴う梁の曲がりは更に強度UPへと構造を設計変更して参ります。
また振動試験に関しましては振動バイブルドライバー(バイブロ)重機を使い
地面に敷き詰めた厚鋼板に振動を発生させ震度を確保、厚板鋼板上に対象物(シェルター)を乗せ溶接し一体化をはかり震度計をシエルターに取付震度7まで振動バイブルドライバーにて長期で
10分/回程度を10回バイブルハンマー工法にて振動させシェルターの破壊具合を検証致しましたが
強固な筋交い構成の為、全く損傷は見受けられませんでした。
補足)気象庁が定める震度は10段階とし震度0~震度7までとし震度5&震度6はそれぞれ強/弱に別れ
   2段階表示とされ合計で10段階となります。

振動バイブルドライバー(バイブロ)重機を使い地面に
敷き詰めた厚鋼板に振動を発生させ震度を確保、
厚板鋼板上に対象物(シェルター)を乗せ溶接し一体化をはかり
震度計をシエルターに取付震度7まで振動バイブルドライバーにて長期で10分/回程度を10回バイブルハンマー工法にて
振動させシェルターの破壊具合を検証致しましたが強固な筋交い構成の為全く損傷は見受けられませんでした。

3mの高さから重さ200kgの落下物をシェルターの上部に落下させた場合の耐久試験を実施致しました。落下物の衝撃により天井部を構成している部品や梁の曲がりは確認されましたが、実験後もほぼ原形を保つことができ、構造体としての十分な強度が証明されました。

  振動バイブルドライバーと重機

                           震度計 震度7表示

厚板鋼板上に対象物(シェルター)を乗せ溶接し一体化をはかり
震度計をシエルターに取付震度7まで振動バイブルドライバーにて長期で10分/回程度を10回バイブルハンマー工法にて
振動させシェルターの破壊具合を検証致しましたが強固な筋交い構成の為全く損傷は見受けられませんでした。
補足)気象庁が定める震度は10段階とし震度0~震度7までとし震度5&震度6はそれぞれ強/弱に別れ
   2段階表示とされ合計で10段階となります。

    意匠登録第1588650号(シェルター)

護衛門®シリーズ「シェルター」

弊社(護衛門®)シェルター担当 佐高、竹内まで
ご連絡専用電話 052-661-0833
    メール goemon@global-sekkei.jp
までご用命の程何卒宜しくお願い致します。

護衛門®シリーズ「転落防止ガード窓用」のヤフーショップページです。
お買い求めの方はこちらのリンクをクリックしてお進みください。

弊社(護衛門®)シェルター担当 八木田、小野まで
ご連絡専用電話 052-661-0833
    メール goemon@global-sekkei.jp
までご用命の程何卒宜しくお願い致します。

GOEMON - 転落防止柵|Yahoo!ショッピング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/goemon-global/c5becdeecb.html