ご挨拶&お知らせ

幹部研修風景

この度の熊本地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。
これからの皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

弊社は平成5年('1993)5月設立の機械設計会社でお陰様で
今年23年目となります。
その間、様々な工作機械、治具、省力機械、専用機械、ローダ関連の実績を積まさせて頂いてまいりました。
事業内容等におきまして本ページにて余り実績のご紹介をしていませんがお客様との守秘義務の関連で実績のご紹介は控えさせて頂いております。

ご依頼の詳細に関しましてはお問合せ頂きご相談ください。

          

外部専門家により弊社にて"作業効率をUPさせるには"
と言うテーマと機械設計業界の現状と言う事で幹部者
研修を行いました。

講師の先生が事前に調べられた国内の機械設計会社についての現状と状況を冒頭にお話頂きました。

驚きましたが全体の80%が従業員4名~5名の
企業が占めているそうで、後の20%がそれ以上・・。
と言うのが現状だそうでした。

また作業効率UPに関しましては先月と同様に

図面作図方法に関し個別でどの様な
手順、着目、チェック体制を心がけて
いるか、製作者にとって見易い図面
見づらい図面とは・・・。
次回研修までに例題を出し検証することと
しました。

最終目的はヒューマンエラーによる後工程への
迷惑回避です。
個人差によりCAD操作手順による
無駄な操作見極めも対象となります。

『早く、綺麗に、正確に・・! 』の3原則を
再度見直す事によりそれぞれのレベルUPと
ヒューマンエラーの回避へと繋がっていければと思います。